2015-07-10

芦ノ湖のほとりに鎮座!立ち並ぶ杉に圧倒される箱根神社!


ミステリアスな雰囲気たっぷり

静岡県・箱根町。最近火山活動が云々ということでより一層話題になっていますが、
雄大な自然は今でも健在です。

今回はそんな箱根山のふもと、芦ノ湖のそばにある箱根神社をご紹介します。
DSC_0053_3048

 

芦ノ湖のほとりにある

DSC_0065_3049

今回ご紹介する箱根神社は芦ノ湖の湖畔、元箱根温泉のすぐそばにあります。
この一帯は観光する際の定番になっているようで、観光客の姿を数多く見受けられました。

 

苔むした岩が並ぶ参道はどこかミステリアスな雰囲気に包まれる

DSC_0010_3039
DSC_0013_3040
DSC_0014_3041
DSC_0008_3038

苔むした参道が非日常感を引き立てます。

 

神社の境内には立派な杉の木が立ち並ぶ

DSC_0020_3042
DSC_0023_3043

箱根神社の境内を歩いていると
いたるところに大きな杉の木が生えているのを目にします。

中には高さ30メートルはゆうに越えるものもあります。
そんな高さの杉が整然と並んでいる姿はどこか荘厳な雰囲気を醸し出しています。

 

旅の道中安全を祈願して箱根大神が丁重に祀られている

DSC_0024_3044

さてこの箱根神社、祀られている神様は三柱います。
それが瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)、木花咲耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)、彦火火出見尊(ヒコホホデミノミコト)。
この御三神を総称して箱根大神(ハコネノオオカミ)というのだとか。

平安朝初期に箱根路ができて以来、この神社では旅人の道中安全を祈願する場所として丁重に祀られてきました。
江戸時代に入り、東海道が設置されてからは崇敬はますます盛んになったといいます。

 

見終わったら箱根関所に行くのがオススメ

DSC_0109_3050

そんな東海道に縁のある箱根ですが、
箱根神社から歩いて10分ほどの距離の場所にかつての関所の姿が復元されています。

神社に参拝したあとにでもぜひ行ってみてください。
当時の旅人の姿が見れるのでとてもおもしろいですよ。

 

場所の詳細

 

箱根神社いかがでしたでしょうか。

観光客の方は多いですが、近くには駐車場も複数箇所あるので車で行かれる際でも安心して利用できます。

オススメは元箱根の大鳥居の両脇にある駐車場。
ここなら他の駐車場と違って無料で停められるので時間を気にせずに参拝できます。

箱根神社へ行かれる際にはぜひご利用ください!

             

コメント