2015-06-07

燦然と輝く金鯱!名古屋城に行ってみたらこんな感じだった!


中はまるで歴史ミュージアムのよう

日本三大都市といえば東・名・阪ですが、名古屋のシンボルと言えば…?

そう、名古屋城ですよね。

そこで今回はこちらの名古屋城をご紹介します!
DSC_0627_1965
photo:/ Akio Kikuchi

そこには日本三大都市のうちのひとつ、
名古屋のシンボルにふさわしい威厳と美しさがありました。

 

再建天守閣として今でも現存

DSC_0554_1940
photo:/ Akio Kikuchi
DSC_0556_1942
photo:/ Akio Kikuhci

名古屋城の天守閣は太平洋戦争の最中に空襲を受けて燃え尽きてしまいました。

現在拝むことができるのは戦後、昭和に建てられた再建天守閣です。

ですが、それでも目を見張るほど立派なことには変わりません!
頂上の金鯱が燦然と輝きます。

 

中では金鯱や刀剣などの重要文化財や天守について学べる

DSC_0572_1944
photo:/ Akio Kikuchi
DSC_0576_1945
photo:/ Akio Kikuchi
DSC_0577_1946
photo:/ Akio Kikuchi
DSC_0584_1948
photo:/ Akio Kikuchi
DSC_0587_1949
photo:/ Akio Kikuchi

天守閣内では昔の町並みや戦火を免れた美術品、
シンボルの金シャチや天守閣のジオラマが展示されています。

全部で7階層あるのですが、
まるで歴史ミュージアムのようでそのすべてが見どころです。

特に展示されている刀剣はとても美しく、
惹きこまれてしまうこと間違いなしです。

 

吹き抜け構造に驚愕

DSC_0582_1947
photo:/ Akio Kikuchi
DSC_0601_1953
photo:/ Akio Kikuchi
DSC_0602_1954
photo:/ Akio Kikuchi

再建されたものなので建造当時の面影は残っていません。

ですが、7階層すべてをつなぐ中央にある吹き抜けが非常に印象的です。

鉄柵にはかつての武士の家紋が掘られています。

 

天守閣最上階からは名古屋の町が一望できます

DSC_0592_1967
photo:/ Akio Kikuchi
DSC_0589_1966
photo:/ Akio Kikuchi

長い螺旋階段を登った最上階では名古屋の町を一望できます。

さすがに外に出ることはできませんが、その様相は圧巻です。

 

現在復元工事中の本丸御殿の現場を見ることができる!

DSC_0610_1957
photo:/ Akio Kikuchi
DSC_0612_1958
photo:/ Akio Kikuchi

この名古屋城、今だけしか見られないもうひとつの見どころがあるんです!

それが本丸御殿の復元工事現場

名古屋城の本丸御殿は天守閣と一緒に焼け落ちてしまったんですが、
それを復元しようと平成30年の完成を目指して工事を進めています。

なんとその復元現場を生で見ることができます。

さすがに近くには寄れませんが、無料で見られます。

 

実は一部がすでに完成し一般公開されている

DSC_0625_1964
photo:/ AKio Kikuchi
DSC_0616_1959
photo:/ Akio Kikuchi
DSC_0618_1961
photo:/ Akio Kikuchi
image
photo:/ Akio Kikuchi
DSC_0622_1963
photo:/ Akio Kikuchi

この本丸御殿、実はすでに一部は完成していて
その部分を見学することができるんです。

完成しているのは玄関と表書院という部分。

ここでは重要文化財にあたる金箔の障壁画が公開されています。

実物の美しさはこの世のものとは思えないほどです。

 

観覧料としておとな1人500円が必要

DSC_0606_1955
photo:/ Akio Kikuchi

名古屋城に入るには観覧料として
おとな1人500円が必要です。

ワンコインで入れるので嬉しいですね!

 

場所の詳細

※駐車は南側の二の丸駐車場がおすすめ。
(普通車:30分ごと180円)

 

DSC_0555_1941
photo:/ Akio Kikuchi

名古屋城、いかがでしたでしょうか。

実物で見る金鯱はとても美しかったです。
ぜひ一度足を向けてみてはいかがですか。

             

コメント