2015-06-06

全国30,000社の総本宮!伏見稲荷大社を参拝する!


数多くの鳥居が立ち並ぶ幻想的な景色

日本全国には稲荷神社が数多くありますが、
京都の伏見にある総本山には行かれたことはありますか?

今回はこちらの伏見稲荷大社をご紹介します。
DSC_0343_1903

 

まずは本殿にお参り

DSC_0346_1904
photo:/ Akio Kikuchi
DSC_0348_1906
photo:/ Akio Kikuchi

まずは本殿にお参り

さすが全国3万社ある稲荷神社の総本山。
本殿も非常に立派です。

綺麗な朱色に塗られた本殿は
とても目を惹きます。

 

見どころはなんといっても「鳥居」

DSC_0417_1924
photo:/ Akio Kikuchi
DSC_0392_1915
photo:/ Akio Kikuchi
DSC_0404_1921
photo:/ Akio Kikuchi
DSC_0375_1912
photo:/ Akio Kikuchi
DSC_0435_1928
photo:/ Akio Kikuchi
DSC_0398_1918
photo:/ Akio Kikuchi

さて、伏見稲荷大社の最大の見どころといえば、
奉納された鳥居の数々です。

願いが「通る」あるいは「通った」というお礼の意味で
鳥居を奉納するのが江戸時代から広まった習慣なのだとか。

 

なかでも千本鳥居は必見

DSC_0484_1937
photo:/ Akio Kikuchi

そんな鳥居の中でも千本鳥居は必見です。

鳥居で形成された参道はまるでトンネルのようで、
非常に厳かな雰囲気が漂います。

 

その数約一万個以上!稲荷山のお塚

DSC_0401_1920
photo:/ Akio Kikuchi
DSC_0451_1933
photo:/ Akio Kikuchi
DSC_0449_1932
photo:/ Akio Kikuchi

そしてこの伏見稲荷大社にあるのは鳥居だけではありません。

稲荷山への道を登っていると、ところどころにこのようなお塚が建てられています。
その数、なんと約一万個以上だとか。

参道の脇にひっそりとたたずむ様子はどこか物憂げな様子です。

 

時間があれば稲荷山に登ってみてはいかが

DSC_0442_1930
photo:/ Akio Kikuchi
DSC_0438_1929
photo:/ Akio Kikuchi
DSC_0410_1923
photo:/ Akio Kikuchi
DSC_0408_1922
photo:/ Akio Kikuchi
DSC_0469_1934
photo:/ Akio Kikuchi

先に少し触れましたが、
稲荷大社の裏には稲荷山がそびえ立っています。
もちろん、ここも境内です。

そしてこの稲荷山、頂上まで登る事ができます。
…と言っても、登山グッズが必要なほど過酷ではありませんのでご安心を。

ひたすら石段を登っていく必要はありますが、
途中途中に茶屋もありますし、時間も40分ほどあれば登れてしまいます。

お時間に余裕があれば、ぜひ登られてみてはいかがですか。
京都の町も一望できますし、人も少ないのでオススメですよ。

 

参拝料が無料なのも嬉しい

DSC_0423_1926
photo:/ Akio Kikuchi

さらにこの伏見稲荷大社、なんと参拝料が必要ないんです。

これだけの規模がありながら無料でまわれるのはとても嬉しいですね。
浮いたお金でお土産でも買っちゃいましょう!

 

叶えたい願いがある人は鳥居を奉納されてみてはいかが?

DSC_0474_1935
photo:/ Akio Kikuchi

伏見稲荷大社の鳥居は、実は僕らでも奉納できます。

大きさによって値段は変わってきますが、下は17万から上は130万円まで。

願いを込めてぜひ奉納されてみてはいかがですか。

(ちなみに、ミニサイズの鳥居であれば数千円で奉納できます。)

 

場所の詳細

 

DSC_0481_1936
photo:/ Akio Kikuchi

伏見稲荷大社、いかがでしたでしょうか。

気軽に立ち寄れて、日本らしい幻想的な風景が見られるとのことで
外国の方にも大人気らしいです。

京都の中心部から少し南に下りますが、
それでも充分見どころがあるのでぜひ行かれてみてはいかがでしょうか。

             

コメント