2015-04-30

日本神話の伝説の地!宮崎市内の神社に凄い神様が祀られていた!


国産みの神々を祀る神社

宮崎県と言えば何を思い深べますか?

マンゴー?シーガイア?高千穂?

…ちょっと待ってください!

実は宮崎市内に凄い神社があるんです!

DSC_1692_1061

今回はこちらの江田神社という神社をご紹介します!

 

これが江田神社だ!

DSC_1688_1048

こちらが宮崎市内にある江田神社です。

宮崎の中心部から車で10分ほど走らせた場所、
シーガイアのすぐそばにあります。

 

祀られているのは、なんとイザナギノミコト、イザナミノミコト

DSC_1698_1059

この神社、何が驚きかと言えば
祀られている神様がとんでもなく有名だということ。

なんとイザナギノミコトとイザナミノミコトなんです。

イザナギとイザナミは、
古事記・日本書紀で国を作った神様と言われています。

ざっくり言うと、日本神話で一番尊い神様が祀られているんです。

そんな格式の高い神様が
宮崎の中心部からほど近いところにあることにも驚きを隠せません。

 

神社のそばには市民の森があり、憩いの場として使われている

DSC_1750_1053

こちらの神社のそばには市民の森があり、
散歩やジョギングをされている方をよく見かけます。

 

市民の森にも日本神話ゆかりの場所が

DSC_1709_1056
DSC_1744_1060
DSC_1731_1055

こちらの市民の森の中にも
「みそぎ池」という日本神話ゆかりのスポットがあります。

なんでもかつてイザナギノミコトが
亡き妻イザナミノミコトを追って黄泉の国(いわゆる「あの世」)まで行った際に被った
けがれを払うためにこの池で禊を行ったと言われています。

 

日本書紀・古事記に「阿波岐原(あわきがはら)」として登場

DSC_1737_1054

この江田神社付近、阿波岐原町(あわきがはらまち)という地名なんですが、
なんと日本書紀には阿波岐原(古事記では檍原)としてそのまんま登場します。

イザナギが禊を行った際に
アマテラス、ツクヨミ、スサノオらの神々を生み出した伝説の地とされています。

 

具体的な創建時期がいつなのかは不明らしい

DSC_1707_1050

この江田神社、具体的な創建時期については不明なままらしいです。

それがよりいっそう格式の高さを感じさせます。

 

DSC_1754_1052

いかがでしたでしょうか。

市街地のそばにこんな格式の高い神社があるとは驚きです。
みなさんも宮崎に行かれた際にはぜひ立ち寄られてみてはいかがですか。

きっとご利益があるはずです。

             

コメント